いろいろなタイプ

女性

下肢静脈瘤のタイプはいろいろとあります。その症状もさまざまです。見た目でわかる場合もありますし、足に異常を感じることでわかる場合もあります。原因は足をあまり動かさず静脈の血液が流れていないことにあります。そのため、予防方法は適度な運動です。

症状とその傾向

先生

下肢静脈瘤の症状は日常生活でたびたび遭遇するものなので、発症してもなかなか気づきにくい側面があります。足のふくらはぎやひざのあたり血管が浮き出ていたら、まず疑ってみましょう。また、この病気は女性に多い傾向があります。

いろいろな治療方法

先生

下肢静脈瘤の治療方法はタイプごとに異なります。一次性静脈瘤の場合の治療方法はレーザー治療が一般的です。レーザー治療は保険の適用が効きます。レーザー治療以外だと硬化療法もあります。網目状静脈瘤やクモの巣状静脈瘤の治療がこれにあたります。

足のむくみは病気のサイン

下肢静脈瘤の治療を始めるならこちらで方法を学びませんか?知識をしっかり身につけて病気に打ち勝ちましょう!

体に負担をかけないような努力をしてくれる医師が居るので安心して手術を受けられます。脳動静脈奇形の治療を検討している方は必見です。

早期発見で治療しよう

女性

下肢静脈瘤とは、足の静脈血管内の静脈弁が壊れて血液が心臓に上手く戻らなくなる病気です。最初の症状は足がむくんだり、つったり、皮膚の色素沈着、そして血管が浮き出てきたりします。下肢静脈瘤の治療法は様々ですが、第一は保有的治療です。医療用の加圧ストッキングで足を圧迫して血液が貯まるのを防ぎます。第二は硬化療法です。静脈瘤に薬を注射して固める方法です。第三は手術です。血管にワイヤーを通して静脈瘤血管を引き抜くストリッピング手術となっています。そして血管を縛る高位結さつ術があります。レーザーで静脈瘤を焼き切るレーザー手術もありますが、高度な手術で費用も高く、全国的にはまだ多くは普及していません。下肢静脈瘤は放置していても自然治癒する病気ではありません。見つかったら早めに治療することが必要です。

実績のある医師を探そう

放っておくと重症になる危険性がある下肢静脈瘤。誰しもが名医を見つけて治療したいものです。まず、ホームページを検索して手術の実績などを公開している医師を選びましょう。年間の手術件数などが表示してあるとなお良いでしょう。また、設備やスタッフの紹介もしてあると安心できます。そして、重要なのが心臓血管外科専門医であることを明記してあることです。保険の範囲内で治療できるかどうかも重要です。入院設備の有無も必要です。設備がないと安易に日帰り手術を勧めたりする医師もいるからです。また、患者に症例や治療方法などの説明を十分にしてくれる医者は信頼がおけます。しかし、実際に治療を受けてみないと名医かどうかはわからないものです。友人や知人の評判が名医探しの第一歩となるかもしれません。病気が治ったあと、名医だったと実感することもあるでしょう。