症状とその傾向

症状と特定

先生

最近は下肢静脈瘤という言葉がメディアを通してよく聞くようになりました。しかしながら、この下肢静脈瘤の症状にはどのようなものがあるのでしょうか。足に異常を感じたら、病気のサインです。たとえば、足がむくみやすくなったり、重く感じることなどがその代表的なものになります。しかしながら、こうした症状は何も普段の日常生活で感じることもあるので、それだけでは下肢静脈瘤だとは判断できません。しかしながら、見た目にも変化があります。足のひざの裏であったり、ふくらはぎの周辺に血管が浮き出ているようだと、それは下肢静脈瘤のサインです。最も避けるべきは単なる疲労の問題だと自己判断してしまって病院に行かずに放置してしまうことです。

傾向

下肢静脈瘤にはある種の傾向があります。それは女性がかかりやすいという傾向です。男女の比率でいうと、だいたい1:2です。女性の方がかかりやすくなっています。この傾向の理由としては、主に出産と仕事内容が挙げられます。女性は妊娠すると黄色ホルモンが分泌される量が増えます。そのために、血管が拡張してしまい。静脈が広がります。足に流れる血液の量が増加することで静脈の逆流防止用の弁が破壊されてしまうことがあります。こうして下肢静脈瘤が発症されるというわけです。次に仕事内容についてですが、日本ではオフィスレディという言葉があるように、デスクワークに従事する女性の割合が多いです。デスクワークは足を長時間動かさないために静脈の流れを悪くしてしまうのです。